C# と VB.NET の質問掲示板

わんくま同盟

ASP.NET、C++/CLI、Java 何でもどうぞ

C# と VB.NET の入門サイト

■89816 / 1階層)  csvから散布図グラフの作成
□投稿者/ Azulean (1022回)-(2019/01/04(Fri) 22:00:08)
No89815 (usushio さん) に返信
> ボタンクリックでダイアログを表示、csvファイルを選んだらOK
> その後、散布図に出力とゆう処理を行いたいと思っております。
> 複数のグラフを表示させたい場合には、それぞれの数値を収納しておく場所を作成しなければなりませんか?
>
> また、この処理を行う大まかな流れをご教授ください。

この手のプログラムを書くとき、課題を細かく分けて、1 つずつ解決策を考えて、組み立てた方が良いことが多いです。

1. まずは 1 つのグラフ、PointF 型、KeyValuePair 型など、X と Y をペアを List 型などのリスト構造で管理することを考える。
 例:List<PointF> _pointList;
2. 続いて、その構造をさらに List 型などの構造で管理するか、数が決まっているなら決め打ちで _sin, _cos などと管理する。
 例:List<List<PointF>> _pointListList;


> csvファイルは練習用として正弦波、余弦波、経過時間の3列を
> 1周期分のグラフを作成できる程度です。

1. 1 行ずつ読み込み、正弦波の値、余弦波の値、経過時間の値により分ける。
 例:StreamReader を使って ReadLine してから、Split するとか。Csv 読み込みクラスを使うとか。
2. 分けた値をデータ構造に追加する
 例:List<ValueRecord> _records; ValueRecord 型は自作の構造体、またはクラスとする。 struct ValueRecord { public float SinValue; public float CosValue; public float Theta; } など。

一気に作ろうとすると、「答えを教えてください」「コードを書いてください」としかならないので、1 ステップずつ取り組んでください。
答えを教えてもらうことで伸びる方はいらっしゃれば、わかったつもりになって次の課題で詰まる方もいらっしゃるので…。
(上司や先輩などの出題者が回答スピードの速さから期待値を上げてしまって、お互いに不幸になることがありうる)
編集キー/

前の記事(元になった記事) 次の記事(この記事の返信)
←csvから散布図グラフの作成 /usushio →Re[2]: csvから散布図グラフの作成 /usushio
 
上記関連ツリー

csvから散布図グラフの作成 / usushio (19/01/04(Fri) 15:28) #89815
csvから散布図グラフの作成 / Azulean (19/01/04(Fri) 22:00) #89816 ←Now
  └ Re[2]: csvから散布図グラフの作成 / usushio (19/01/05(Sat) 11:08) #89817
    └ Re[3]: csvから散布図グラフの作成 / Azulean (19/01/05(Sat) 18:04) #89822
      └ Re[4]: csvから散布図グラフの作成 / usushio (19/01/07(Mon) 10:58) #89833
        └ Re[5]: csvから散布図グラフの作成 / Azulean (19/01/07(Mon) 22:10) #89839
          └ Re[6]: csvから散布図グラフの作成 / usushio (19/01/09(Wed) 11:18) #89860 解決済み

上記ツリーを一括表示 / 上記ツリーをトピック表示
 
上記の記事へ返信