C# と VB.NET の質問掲示板

わんくま同盟

ASP.NET、C++/CLI、Java 何でもどうぞ

C# と VB.NET の入門サイト

■92280 / 1階層)  データセットのレコード値変更
□投稿者/ WebSurfer (1899回)-(2019/09/07(Sat) 10:11:49)
No92267 (あめ さん) に返信

Windows Forms アプリを作っていると勝手に理解してレスします。(何を作っているかぐ
らいは質問に書いておいていただきたく)

> データセットのレコード値変更

上記に対する直接の答えではなくてすみませんが・・・

最終的な目的は「データセットのレコード値変更」ではなくてその先にあって、編集され
た DataSet / DataTable の内容を SQL Server などの DB に反映(DB の更新)すること
では?

もともと、DataSet / DataTable は DB の非接続型のデータ更新を行うものなのでそう思
ったのですが、違ったら以下の書き込みはスルーしてください。


TextBox, DataGridView などを UI として非接続型のデータ更新を行う場合は、

DataGridview ⇔ BindingSource/BindingNavigator ⇔ DataSet/DataTable ⇔ DataAdapter⇔ DB

・・・と言う構造にするのが普通です。

何故かと言うと・・・

以下の記事の「非接続型のデータ更新」のセクションの図1と図2を見てください。

DB 設計者のための明解 ADO.NET 第 1 回
https://docs.microsoft.com/ja-jp/previous-versions/cc482903(v=msdn.10)

上のような構造にすれば、ユーザーが DataGridView を操作した結果は図1にあるように
DataSet / DataTable に反映されます。もちろん削除の結果もです。

編集作業が終了後、ユーザーが更新ボタンをクリックすれば、図2のように DataAdapter
によって SQL が自動発行され、SQL Server のテーブルが更新されます。

DB が SQL Server の場合ですが、以下のチュートリアル、

10 行でズバリ !! 非接続型のデータ アクセス (ADO.NET) (C#)
https://code.msdn.microsoft.com/windowsdesktop/10-ADONET-C-cbfe7688

・・・のように Visual Studio のデータソース構成ウィザードを利用して型付 DataSet +
TableAdapter を作って、それを利用してアプリを作ると、上に書いた、

DataGridview ⇔ BindingSource/BindingNavigator ⇔ DataSet/DataTable ⇔ DataAdapter⇔ DB

・・・と言う構造、すなわち以下のページの図のような構造のアプリが、ほとんど自分で
コードを書くこと無しに作れます。

Windows フォーム アプリケーションでのデータへの接続
https://docs.microsoft.com/ja-jp/previous-versions/wxt2cwcc(v=vs.120)

上に紹介したチュートリアルは 2 つのテーブルを階層更新するために少々複雑になってい
ますが、単一テーブルですともっと簡単で、操作に慣れると以下のようなアプリが 5 分も
かからず作れるはずです。

自力で一からコードを書く場合のような種々の問題に悩むことはなくなり、開発工数は
激減するはずです。保守工数も減るはずです。

興味があればお試しください。
編集キー/

前の記事(元になった記事) 次の記事(この記事の返信)
←データセットのレコード値変更 /あめ 返信無し
 
上記関連ツリー

データセットのレコード値変更 / あめ (19/09/06(Fri) 13:11) #92267
Re[1]: データセットのレコード値変更 / shu (19/09/07(Sat) 07:13) #92279
データセットのレコード値変更 / WebSurfer (19/09/07(Sat) 10:11) #92280 ←Now
Re[1]: データセットのレコード値変更 / 大谷刑部 (19/09/10(Tue) 11:34) #92297

上記ツリーを一括表示 / 上記ツリーをトピック表示
 
上記の記事へ返信