C# と VB.NET の質問掲示板

わんくま同盟

ASP.NET、C++/CLI、Java 何でもどうぞ

C# と VB.NET の入門サイト

■96419 / 1階層)  遅延バインディングの回避策
□投稿者/ Hongliang (1117回)-(2020/11/21(Sat) 18:40:20)
> 完成時には、EXCELの参照設定も外すつもりでしたので
> どのEXCELバーションでも可能な様に、敢えてOBJECT型にしました。
それはつまり遅延バインディングするということです。
なので、少なくともその部分についてはOption Strict Onにすることはできません。
Excelの処理部分については別のvbファイルに分けてそこだけOption Strict Offで記述することになるでしょう。

ShellExecuteについては、
・そもそも「起動してGetObject」ではなく、CreateObject関数を使用する
 (アドインがどうこうなどの問題があるみたいな話も見かけましたが…)
・System.Diagnostics.ProcessクラスのStartメソッドでExcelプロセスを起動させる
などの方法が考えられます。
編集キー/

前の記事(元になった記事) 次の記事(この記事の返信)
←遅延バインディングの回避策 /初心者 →Re[2]: 遅延バインディングの回避策 /初心者
 
上記関連ツリー

遅延バインディングの回避策 / 初心者 (20/11/21(Sat) 18:06) #96417
遅延バインディングの回避策 / Hongliang (20/11/21(Sat) 18:40) #96419 ←Now
  └ Re[2]: 遅延バインディングの回避策 / 初心者 (20/11/23(Mon) 10:16) #96440 解決済み

上記ツリーを一括表示 / 上記ツリーをトピック表示
 
上記の記事へ返信