C# と VB.NET の質問掲示板

わんくま同盟

ASP.NET、C++/CLI、Java 何でもどうぞ

C# と VB.NET の入門サイト


(過去ログ 26 を表示中)
■11685 / )  Re[6]: 曲線への理解
□投稿者/ Mr.T (157回)-(2007/12/20(Thu) 09:19:59)
Mr.Tです、こんにちは。

> 二次式で済む場合には二次式のルーチンを組み、三次式のルーチンは呼ばないです(速度が重要なので)
> どーしてもWな曲線が必要だった応用は過去に1回くらいしかないですな。

ちょっと確認なんですが、2次式で済む場合というのは、
元々の理論式があり、それを近似式であらわすときに、3次式ではなく、2次式でも求めたい
結果がでる、というところからの判断でしょうか。
それとも、経験則的に「これは2次でOK」ということでしょうか。(それだって
なんらかの規則や理論の積み重ねがありそうですが)

> 高次項が無視できない応用があることは重々承知しております。
> 俺ちゃんが高次項をたくさん使ったのはフーリエ級数展開を使った場合ですが。

おお、そういえばフーリエ級数展開ってのもありました。
これだと任意の曲線をかけるんだっけ?>覚えてないや
これも一つ調べる対象となりそうですね。


まとめてみますね。

曲線として問題としておきたいのは、
・理論式があるなら、そちらを使う。それがあるのかないのかを確認する
・理論式どころかよくわからないケースでは、その形状を確認してみる。
 (ex 山あり谷あり?収束してくの?発散してくの?)
・やっぱりわかんね、という場合は、Bスプライン、ベジエから攻めてみるもよし。
 これなら近似式ではなくて曲線でつなげるくらいならできる。
 山谷くらいわかるなら、その個数+1の次数の式からやってみるべし。
 (3次式やら4次式くらいからTryしてみてもいいし)
・高次の式を利用する必要があるならフーリエ級数展開ってのもある

 本来は、曲線についての質問をどうやってしたらいいのか、ということへの
1方法を示せないかという試みでしたので、こんなくらいで。

ネタ元質問者のスレにリンクしておきます。

774RRさん、れいさん、ありがとうございました。



解決済み
返信 編集キー/


管理者用

- Child Tree -