C# と VB.NET の質問掲示板

わんくま同盟

ASP.NET、C++/CLI、Java 何でもどうぞ

C# と VB.NET の入門サイト


(過去ログ 35 を表示中)
■17882 / )  Re[1]: 配列宣言方法による違い string()
□投稿者/ 魔界の仮面弁士 (715回)-(2008/05/02(Fri) 22:32:18)
No17877 (もんきっき さん) に返信
> Dim files() as string
> と
> Dim files as string()
> の二つの宣言方法に違いはありますか?

ありません。全く同一の物としてコンパイルされます。

従来バージョンの Visual Basic は前者の構文しか使えなかったので、
昔からの VB ユーザには、前者を好む人も多いようですが、C# なども
併用するユーザには、後者を好む人の方が多いようですね。(私見ですけれども)

言語仕様の面から言えば、
 Dim f(2) As String
とは記述できても、
 Dim f As String(2)
とは記述できないため、個人的には変数側に付ける記法を使って
いますけれども、ぶっちゃけ、どっちでも良いかな、と。(^^;


> あれば、どの点に注意すれば教えていただけませんか
違いが無いので特に注意点もありませんが、強いて言えば、型の方に丸括弧を付ける記法では
“配列宣言”と“コンストラクタ引数”を誤読せぬよう気を付けること…ぐらいでしょうか。

http://www.atmarkit.co.jp/fdotnet/vb6tonet2/vbnet2_17/vbnet2_17_02.html
返信 編集キー/


管理者用

- Child Tree -