C# と VB.NET の質問掲示板

わんくま同盟

ASP.NET、C++/CLI、Java 何でもどうぞ

C# と VB.NET の入門サイト


(過去ログ 40 を表示中)
■20921 / )  Any CPU, x86, x64の違い
□投稿者/ めろぱん (1回)-(2008/06/19(Thu) 22:04:44)

分類:[C#] 

開発環境:Visual Studio 2008
言語:Visual C#

はじめまして。めろぱんと申します。
早速ですが、質問させてください。

Visual C#で64bitOS用アプリを作成しようと思っています。
構成マネージャのプラットフォーム指定により
x86:32bit用
x64:64bit用
Any CPU:32bit/64bit汎用
となり、x64またはAny CPUにすればよさそう、
という所まではたどり着けました。
(32bitアプリをWOW64上で動かすのはここでは対象外としています)

ここで質問なのですが、
x64指定で64bit用として作成された実行ファイルと、
Any CPU指定で32bit/64bit汎用として作成された実行ファイルで、
実行ファイルのサイズ、64bitOS上での処理速度やメモリの消費量、
その他パフォーマンスの面で何か違いがあるのでしょうか?
単純に考えると
32bit/64bit汎用=汎用性を持たせるための冗長処理あり=パフォーマンス劣る
と考えてしまうのですが、
プラットフォームの違いはすべて.NET Frameworkが吸収するならば
両者にパフォーマンスの違いはほぼ無い、という考えもできます。
どちらが正しいのでしょうか?

その他、32bit/64bit汎用にしたことによるデメリットや制限事項があれば
ご教示いただきたく思います。

よろしくお願いします。

返信 編集キー/


管理者用

- Child Tree -