C# と VB.NET の質問掲示板

わんくま同盟

ASP.NET、C++/CLI、Java 何でもどうぞ

C# と VB.NET の入門サイト


(過去ログ 43 を表示中)
■23050 / )  メソッドの例外処理の取得方法に関して
□投稿者/ レン (1回)-(2008/08/07(Thu) 17:56:27)

分類:[.NET 全般] 

VB2005で開発しています。

今までVB6.0で開発しておりまして、
このときは例外処理の結果などをメソッドの戻り値として返していました。

例えばデータベースクラスがあるとしまして、
SELECT文を実行するクラスを使用すると
1:成功、2:失敗
などとエナムを使って、戻り値で返していました。
失敗はErrorHandlerを使って、例外処理が発生したらすべて
失敗としていました。

VB2005ではTry Catchが使えるので、
この機能をうまく使いたいと思っております。

そこで私は、上記のSELECT文を実行するメソッドに
例外をCatchするような処理を書かずに、
呼び出す側でメソッドの実行をTry Catchで例外を取得しようかと考えました。
毎回戻り値として用意するのが不便であると考えたためです。
必要であれば、当メソッドでは〜〜Exceptionと、××Exceptionが発生しますと
コメントに書いておき、使用する側で例外を取得させようかと思っています。

Try Catchで例外を取得する場合は、
このような記述で問題ないのでしょうか?

皆様であれば、このような場合にどのようなコーディングルールを決めて
コーディングしますか?
ぜひアドバイスを頂きたいです。
よろしくお願い致します。

返信 編集キー/


管理者用

- Child Tree -