C# と VB.NET の質問掲示板

わんくま同盟

ASP.NET、C++/CLI、Java 何でもどうぞ

C# と VB.NET の入門サイト


(過去ログ 46 を表示中)
■24935 / )  Re[6]: シェアウェアについて
□投稿者/ れい (781回)-(2008/09/12(Fri) 10:20:58)
No24917 (れい さん) に返信
> どこかの掲示板で「れい」という匿名の誰かが「shareware」の起源について適当なことをでっち上げる <- 今ここ

さて。

トンデモを展開してると言われると困りますので、
資料を探してきました。
ネット上で皆さんが見れるものを探したので、何次ソースかもわからないような状態ですが。


http://paulspicks.com/history.asp
・「PC-WRITE」の販売法。
・Nelson Fordが「Public Software Library」という団体での用語を「コンテスト」で募集し、「shareware」が選ばれた事。
・その後Wallaceに使用しても良いか確認した事。

http://www.asp-shareware.org/users/history-of-shareware.asp
もう一人のsharewareの祖、Kopfの文章と
コンテストを開催したNelson Fordが書いた文章があります。

Kopfの方。

・「I decided to place a message in the program. I would ask those who received it to voluntarily send a modest donation to help defray my costs. 」
と「my costs(経費)」を「defray(支払う)」してくれるようメッセージを入れた事。
・Fluegelmanと連絡をとって同じ「$25.00」で寄付を募ることにした事。

Nelsonの方。
・FluegelmanとKopfが「Freeware」というものを作った事。
・「putting a request in the program's on-disk documentation for the user to send money to the author to finance the ongoing development and support of the programs.」
継続的な開発と、サポートを賄うために金を送ってくださいと言うリクエストを入れた事。
・コンテストを開き、「The most popular choice」が「shareware」だった事。
・Wallaceが「shareware」を「an old, pre-IBM-PC computer magazine column.」から採った事。

探せばまだあるかと思います。

肝心のIMJの件はまだ見つかりませんが、
Nelsonの文章でwallaceがオリジナルでないと認めているのでほぼ間違いないでしょう。

Wikipediaが間違いで、
「shareware」の「share」が「コストの分担」であり、
「shareware」の字面だけなら「an old, pre-IBM-PC computer magazine column.」を書いた人が発明者で、
現在用いられている意味で発明したのはNelsonのPsLというコミュニティの参加者。

ということが納得できるかと思いますが。

#これは1996年に知人と図書館、ネット、メールで調べたのです。1ヶ月くらいかかりました。
#当時から間違いだらけだったのですが、今でも変わらないのですね。
返信 編集キー/


管理者用

- Child Tree -