C# と VB.NET の質問掲示板

わんくま同盟

ASP.NET、C++/CLI、Java 何でもどうぞ

C# と VB.NET の入門サイト


(過去ログ 91 を表示中)
■54460 / )  Re[2]: VB6.0からVB2005へコントロール配列の移植について
□投稿者/ uooono (17回)-(2010/10/21(Thu) 14:33:02)
2010/10/21(Thu) 14:33:23 編集(投稿者)

No54458 (shu さん) に返信
> バージョン情報として
> 『4 では、互換性のために残されています (コンパイル時に警告) 』
> と記述されています。
> 今後もバージョンアップしていくのなら、使うのは避けた方がいいでしょう。

今後のバージョンアップ・・・今のところ不明なのです。
解説をみると、
>「TextBoxArray クラスは、Visual Basic 6.0 の TextBox コントロール配列に相当する実行時の機能を提供します。
> Visual Basic 6.0 のコントロール配列のデザイン時の機能は提供されません。」
とありました。実行時の機能は提供されているため、使ってみようと思います。

ここで、コンバートされたArrayをみてみると、例えば、Label1オブジェクトで0と1のインデックスをもつ場合、
Label1(0).Text
Label1(1).Text
でVB6.0でも、コンバージョン直後のLavelArrayを使用したVB2005でも設定・参照なりができていました。
VB2005でのデザインをみてみると、実際のラベルのNameはそれぞれ「_Label1_0」と「_Label1_1」へ自動変換されていました。
(枠外に水車マークの「Lavel1」オブジェクトが出現していました)
VB2005では、どこで(どこをみれば)このLavel1(LavelArray)の要素が「_Label1_0」と「_Label1_1」であることがわかるのでしょうか?


返信 編集キー/


管理者用

- Child Tree -