C# と VB.NET の質問掲示板

わんくま同盟

ASP.NET、C++/CLI、Java 何でもどうぞ

C# と VB.NET の入門サイト


(過去ログ 123 を表示中)
■73615 / )  Re[12]: VB6のインストーラ
□投稿者/ さいとお (7回)-(2014/10/17(Fri) 14:30:34)
いろいろ確認したところ、セットアップファイルに加えていた OLEAUT32.dll OLEPRO32.dll が
影響して、コモンダイアログを表示できなかったことが分かりました。改めて、配列形式の
コモンコントロールの表示を確認したところ、正常に表示でき問題ありませんでした。

その後、改めてセットアップモジュールを作成し、基本動作に問題ないことを確認しました。
そのときの手順は次の通りです。

0.開発環境として、Windows 7(64bit版)で動作する 二つの "XP Mode" を使用した。
    Visual Studio 6.0 と Visual Studio Installer 1.1 をインストールした環境。
    Visual Studio 2008 と Visual Studio 6.0 をインストールした環境。
    (Visual Studio Installer 1.1 と Visual Studio 2008 は共存できないみたい)
  MSIファイルをインストールする確認環境は、Windows 7(64bit版)。

1.Visual Studio Installer 1.1 でセットアップモジュール(以下、MSIファイル)を作成する。
  (Visual Studio 6.0 と Visual Studio Installer をセットアップした XP Modeで作業)

2.Webからダウンロードしたマージモジュール(以下、MSMファイル)を、Visual Studio 2008 を
  セットアップした XP Mode の"C:\Program Files\Common Files\Merge Modules"にコピーする。
  そして手順1で作成したMSIファイルを解凍して内部のファイルを取り出す。

  マージモジュールの取得先 http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=5883

3.Visual Studio 2008 を起動しセットアップモジュールを作成する。
  指定するファイルは、手順2で取り出した内部ファイル全て。(ただしOLEAUT32.dll、OLEPRO32.dllを除く)

4.Windows の更新プログラム "KB2918614" を適用した Windows 7(64bit版)にて、手順1で作成した
  MSIファイルをインストールする。途中で "エラー 2709" が発生してインストールに失敗する。

5.その後、手順3で作成したMSIファイルをインストールする。正常にインストールできる。

6.インストールしたアプリケーションの基本動作を確認したところ、特に問題なし。
  コモンダイアログなども正常に表示できる。

最後になりますが、とっちゃんさん、魔界の仮面弁士さん、フォローありがとうございました。

解決済み
返信 編集キー/


管理者用

- Child Tree -