C# と VB.NET の質問掲示板

わんくま同盟

ASP.NET、C++/CLI、Java 何でもどうぞ

C# と VB.NET の入門サイト


(過去ログ 127 を表示中)
■75321 / )  Re[5]: VB.netからVC++6.0のへの構造体配列参照渡し
□投稿者/ 魔界の仮面弁士 (231回)-(2015/03/13(Fri) 15:08:55)
No75314 (とら さん) に返信
> Test1_API int __stdcall Test1(LPSAFEARRAY *Type1)
そっちでしたか! まさかと思ったら、本当にセーフ配列だったという。(^_^;


> VC++6.0側は内容が理解できなかったのでメソッドの宣言部のみです
私も C++ は専門外(というかホボ素人)なので、そこまで想像が追いつきませんでした。
ユーザー定義型の配列を SAFEARRAY でやりとしたことは無いんですよね…。


> Declare Function Test1 Lib "TestFunc.DLL" (ByRef oStructure() As Structure1) As Integer

MarshalAs 指定は必要になるだろうということで、SafeArray 指定で
 ・SafeArray
 ・SafeArray, SafeArraySubType:=VT_USERDEFINED
 ・SafeArray, SafeArraySubType:=VT_RECORD, SafeArrayUserDefinedSubType:=GetType(Structure1)
などを試してみましたが、HRESULT が E_INVALIDARG(0x80070057) を返すばかり。

LPArray でも試してみましたが、
 ・LPArray, ArraySubType:=AsAny
 ・LPArray, ArraySubType:=LPStruct
 ・LPArray, ArraySubType:=Struct
実行はできるものの、配列が 1 個になってしまう様子。

かといってここに SizeConst や SizeParamIndex を指定すれば、
MarshalDirectiveException が発生するという状況。


はてさて…。

https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/z6cfh6e6.aspx
返信 編集キー/


管理者用

- Child Tree -