C# と VB.NET の質問掲示板

わんくま同盟

ASP.NET、C++/CLI、Java 何でもどうぞ

C# と VB.NET の入門サイト


■85315 / )  Re[3]: C#アプリケーションのインストーラ作成
□投稿者/ とっちゃん (464回)-(2017/10/06(Fri) 11:39:03)
No85304 (でぶぽよん さん) に返信

ちょっとだけ、きつい書き方になっていますがご容赦ください。



> まだ経験が浅く、なにもわからない若輩者です。
>
インストーラは、「合法的クラッキングツール」です。

やる気になれば、システムクラッシュすら簡単に行えます。
msiを実行し、昇格したらその直後にサクッとシステムを壊すことすら簡単に行えます。
もちろん、プログラムコードを書くことなく。。。です。

なので、経験が浅いので。。。とか表で書いてしまうことは避けたほうがいいです。
変な形で伝搬すると、どこかであの会社は。。。とかになりかねません。


ま、それはともかくとして。。。


> UI操作だけではなくて、組み込み用の設定情報などを変更しないと簡単には
> できませんでしょうか。
>
VS Installer Projects は、機能拡張なので、その範囲でのサポート(日本的な意味でのサポートとは
ほど遠いアメリカ的なサポート)があるだけです。
また、問い合わせ等のやり取りは、英語のみとなります。

それと、最近は書くこともほとんどなくなってしまったのですが、VS Installer Projects は
Windows Installer 3.0以上(XPのSP2以降のOSで追加された各種機能)には何一つ対応していません。

そのため、これができないなどの制約がいくつも存在します。

予算の都合もあるので万人にはお勧めできないのですが、個人的には経験が浅いのなら
InstallShield をお勧めします。

今回の件も、InstallShield ならおそらくUI操作だけで実現できると思います。


> また、最終的には、CDに焼いてCDからインストール起動できればと考えております。
>
こちらは、CDに焼くというプロジェクト構成そのものがないのでできません。
こっちは、InstallShieldを使う場合でも同様です。
InstallShield の場合はビルド後のイメージで、CD用のフォルダイメージを生成できますので
ビルドできて、一通りのテストが終わったら、そのフォルダを対象にISOを作ったり
CDに焼いたりということは可能です。


> ちなみに、VSは、Community版です。
>
これも一応。。。VS はエディションだけではなく、バージョンも含めて書きましょう。

VS2015と2017 では、必須コンポーネントの配置フォルダ(Azuleanさんのリンク先にあるProduct.xmlを配置するフォルダ)が異なります。
2010/2012/2013 も全部バラバラ、それ以前も各VSのバージョンごとに固有のフォルダを持っています。
(ClickOnceのためのものなので、VSのバージョンに依存するため)

返信 編集キー/


管理者用

- Child Tree -